【継続】子猫保護、地域猫不妊手術協力基金

子猫シーズンで猫の引取対応が増えてきました。
年内、子猫基金/不妊手術基金として再開させていただきます。
どうか引き続き、応援よろしくお願い致します。


2020年10月〜12月の対応
10月 葛飾区内 TNR4頭の現場対応、保護1頭
12月 葛飾区内 TNR4頭の現場対応、保護5頭

2020年7月〜9月の対応
7月 葛飾区内 TNR5頭の現場対応
7月12日 葛飾区内 TNR現場から子猫6頭
7月20日 葛飾区内 TNR現場から子猫2頭
9月 葛飾区内 TNR現場対応(手術は10月以降に実施予定)

2020年4月〜6月の子猫含む対応
●一般相談から引取保護
4月1日 野良猫が産んだ子猫2頭
4月6日 乳のみ子猫2頭
4月28日 飼い主死亡でチワパピMIX♂1頭の引取り
4月28日 乳のみ子猫2頭
5月10日 生後1ヶ月半の子猫4頭
5月26日 親子猫(母猫+子猫5頭)の引取り
6月1日 乳のみ子猫4頭
6月13日 子供のアレルギーでシュナウザー♂1頭の引取り
6月16日 乳のみ子猫1頭
6月20日 事故に遭った子猫1頭
6月20日〜23日 地域猫の子猫3頭
6月23日 地域猫手術協力 三毛♀1頭

----
生まれて間もない小さな子猫たちも、毎日のように処分されています。
救えるのはほんのわずかですが、それでも目の前にある命を救いたい。
その思いで一頭一頭の命をつないでいます。

生後数日〜数週間の子猫たちのお世話は、本当に大変です。
中には猫風邪をひいていたり、栄養不足で危険な状態の子猫もいます。
そんな子猫たちの保護費、医療費にご協力をお願いいたします。
皆様からのご支援を、どうぞよろしくお願い致します。

猫の処分数を減らすためには、外で暮らす猫の不妊手術を行う地域活動が必要です。
せめて身近な現場の案件だけでも…との思いです。
前回より、そういった相談に対応するために基金の用途を加えさせていただきました。

【募集口数】
2021年6月 までの募集口数は 100口 です。
1口1,000円からお申し込み出来ます。
おひとりで全てご支援いただくことも、みんなで少しずつ支えていただくこともできます。

◆----------------------------------------------------------------------------◆

後ほどNPOアルマ収支報告ページにお名前を記載させていただきます。
記載のお名前にご希望がある場合は必ず記入をお願いいたします。
(例:ハンドルネームなど)
記入がない場合はイニシャルで記載させていただきます。


【ご了承いただきたいこと】
アルマファミリーサポート対象の子達は、里親募集をしながら継続治療を行っています。
サポート期間中に、対象の子が本当の家族が見つかり、里親募集終了となったり
残念ながら亡くなった場合には、他にサポートを必要とする子のために大切に使わせて頂きます。
返金は致しかねますこと、予めご了承下さい。
在庫状況 目標まであと93口です
販売価格
1,000円(内税)
購入数